2020年9月にしていたこと

少しだけブログを書く感覚が戻ってきたので、今回は文体を変えてみることにした。

2020年9月に起きていたことを、なるべく今起きているような感じで表現してみた。

スポンサーリンク

情報や人との関わりの徹底的な遮断

時間はそれなりにあるのに、人生について前向きな答えが出せないでいた。
今後の人生について集中して考える必要があったのに、何かしようとしても面倒くさくて手に付かない状態だった。

「俺がやりたいことって何だろう?」
「そもそも、どんな人生にしたいのか?」
「何をしている時が楽しいのか?」
「没頭できることは何か?」
「今、優先してやるべきことは何か?」
「今しかできないことは何か?」
など、ちゃんと時間をかけて自己分析をする必要があった。

そこで、徹底的に情報や人との関わりを遮断することにした。

まずは、今まで日課にしていた、ニュースアプリの記事を隅から隅まで全部チェックすることをやめた。
さらに、TwitterのDMとリプ欄を閉鎖し、ブログのコメント欄も閉鎖することにした。

何の説明もせずにしてしまったため、フォロワーさんやこのブログの読者の方々には心配をかけてしまったかもしれず、申し訳ない・・・。

今の時代、情報はキャッチアップするべきだろうけど、ほとんどの情報は自分にはあまり関係ない。
それらを、「もしかしたら何かのアイディアになるかもしれない」「時代に、みんなに遅れをとってはいけない」などと無理してインプットを強制してきた。

しかし、情報を意図的に遮断することによって、思考がクリアになったというか、ごちゃごちゃしていた日常から開放された気がする。

また、空いている時間には、小説を多く読んだ。
アナログのインプットはそこまで疲れないことに気付いたからである。
時間を気にせず、頭も使わず、小説を読んでいる時間は心地良く感じた。

やりたいこと探し

日常の些末な情報などからは解放されたものの、自分が本当に人生でやりたいことだとか、何をしてこれから稼いでいくかだとかは、依然として見つけられないでいた。

「フロントエンドエンジニアになるんじゃなかったのか」とか「またブログ頑張ってみるか」とか「やっぱYouTube始めようか」とか。

けど、気分が乗らない。
もっと納得して、自分が好きで没頭できることに時間を使い、仕事にしたい。
思考が、同じところを何度も行き来していた。

そもそも、考えるというよりは、ずっと悩んで時間が経過していった感じだった。

株式投資をするべきか。
そこまで好きではないけど、仕事だと思えば割り切れるのか。
まずは、借金を返済することを最優先にするべきなのか。
やっぱ無理にでも、YouTubeを始めたほうがいいのか。
なるべくクリエイティブな仕事をしたい。
作品が残る仕事をしたい。
自由に生きたい。
モテたい。
お金持ちにはなりたいけど、誰かを傷つけたり、悪いことをしてまで稼ぎたくはない。
有名人にはなりたいけど、プライベートが侵害されるのは嫌だ。

結局、ああでもない、こうでもない、と答えは出なかった。

問題は、俺に唯一のやりたいことがないことだった。
それさえあれば、ただその夢に向かって一直線の人生を送ることができただろう。

けど、これから先も、もしかしたら俺にはそういった唯一のやりたいことは見つからないのかもしれない。
でも一度きりの人生ならやっぱモテたいし、金持ちにもなりたいし、そしてもし叶うのなら、幸せな家族が欲しい。
・・・そんなことをずっとぐるぐると考えていた。笑

「Nizi Project」にハマる

今まで、何となくNiziUというアイドルグループの存在は知っていたけど、正直TWICEと区別できないくらいの認識だった。

しかしある日、何気なくテレビで『マツコ会議』を見ていたら、NiziUが特集されていた。
そしてYouTubeで「Nizi Project」という彼女らのオーディション番組を無料で見れることを知った。

これは、今見ておかないと損だと思った。
じゃないと、いずれはNiziUが広告だとかで大々的に起用させるだろうから、誰がメンバーになるかということがネタバレしてしまう。
なので『マツコ会議』は途中で見るのをやめ、それから数日間にかけて「Nizi Project」を見まくった。

だいたい3話に1度くらいの間隔で感動して泣いてしまった。
頑張っている女の子たちを応援したくなったし、対比して何者でもない自分が情けなくもなったからだ。

NiziUとしてデビューを目指す彼女たちと比べて、俺には夢がない。
「俺にはこれしかないっ!」というようなものがない。

インプットの再開

「Nizi Project」にハマったのがきっかけで、「ある程度はニュースなどをチェックしておくべきかも?」と思い直した。

「Nizi Project」が世間で流行りだしたのは、俺が知る半年以上も前だった。
しかし、ニュースなどの情報をしばらく遮断していたため、こうした世間の流行に気付くことが遅れてしまった。

今の時代、情報を完全に遮断して過ごすのはほぼ無理だし、世間の流行を知らない人生はつまらないように思う。
さらに、情報に乗り遅れて行動が遅れてしまったり、コンテンツのネタバレなど、結果的に自分が損してしまうだろう。

ということで、ニュースなどのインプット(主にSmartNewsとNewsPicks)を再開することにした。
しかし、今までみたいに隅から隅までチェックしようとすると疲れてしまうので、「ほどほど」にすることに決めた。

「今世間で何が起こっているか」がだいたいわかれば、それで充分。
ほとんどの情報は自分には関係ないことだろうから、興味があることだけ深く情報を追っていくくらいで大丈夫だろう。

ブログのデザインの変更

インプットの量を減らしたのは、目の前のことや、自分自身のことにしっかり取り組むためだ。
それに、ごちゃごちゃしていると精神衛生上も良くない。
この気付きを、ブログにも応用することにした。

以前から、ブログをもっとシンプルにしたいと思っていた。

無料のアイキャッチ画像を探すのは、意外と面倒くさい。
そもそもアイキャッチ画像って必要か?と思った。
確かに、アイキャッチ画像を工夫すれば記事が読まれる確率を上げることができる。
YouTuberが動画のアイキャッチ画像に手間をかけているのは、それが理由だ。

しかし、できればブログなので、文章で勝負したい、と俺は思ってしまう。
どうせアイキャッチ画像を載せるなら、自分でイラストを描いたり、写真を撮ってオリジナルなものを使いたい。

そんなこんなで、アイキャッチ画像を削除して、タイトルのみ表示されるように変更した。
あとは目次を開閉式にしたり、細かいところを少しいじった。

また、コメント欄は再開しようか悩んだが、スパムのチェックが面倒なことと、返信などをするとブログが縦に長くなってしまうので、閉鎖したままにすることに。
代わりにブログ更新ツイートのリプ欄にコメントを書いてくれるとありがたい。

ちなみにこのブログのデザインが完成だとは全く思っていない。
もしかしたら気が変わってアイキャッチ画像が表示されるように戻すかもしれないし、わからない。
いずれは自作テーマにするつもりなので(現在はCocoonというテーマを使用)、少しずつ理想のブログに近付けていきたい。

竹内結子の死

竹内結子は、俺にとっては少し特別な人だった。
綺麗な女優はたくさんいるけど、また違った、少し恋していたような感じだった。

けど、ショックだとか、信じられない、というほどでもなかった。
まだ全然実感がないというか。

それでも、大切な何かが、この世から消えてしまったような感じはする。
そしてそれは、俺にはどうすることもできないということも。

GEOで『黄泉がえり』を借りてきて大泣きするつもりだったのに、全然涙が出てこなかった。
そもそも俺は竹内結子に会ったこともなければ、なぜ死んだのかも、プライベートではどんな人だったのかも知らない。
だから、俺に泣く権利はないのではないか、とも思う。

他人から見たら成功していて幸せそうでも、誰しも悩みは抱えているものなのだろう。

俺は何を目指せばいいんだろう。
どうせなら、人を幸せにする職業がいいよね。

もう30歳だけど、まだまだ動ける。
けど、何をしたらいいのかわからない。
この感情を、どこにぶつけたらいいのかわからない。

(「2020年10月にしていたこと」に続く)