2020年8月にしていたこと

お久しぶりです、タカシです。

いやー、かなりの期間ブログをサボってしまい、すみません・・・。

言い訳はいろいろあるのですが・・・金欠、肌の痒みの悪化、精神的疲労、モチベーション不足などいろんな問題がごちゃごちゃしていて、正直ブログを書くどころではなかったという感じです・・・。

やっと最近、いろいろと状況が良くなってきたため、こうして今ブログを書くことができています。

2020年8月から2021年4月まで約9ヶ月間ブログをサボってしまったため、まずはリハビリも兼ねて、空白期間にどんなことをしていたのかを月ごとにまとめていきたいと思います。

それでは、2020年8月から書いていきます・・・。

スポンサーリンク

Web制作学習に挫折する

今となっては懐かしいのですが、2020年8月時点の僕は、Uber Eatsの配達員を辞めて、クラウドソーシングでフリーランスとして働くことを目標にしていました。

ライターは昔チャレンジしてみて全然稼げないことがわかっていたので、Webデザイナーかフロントエンドエンジニアとして働くつもりでした。

とりあえず死ぬ気になって学習すれば、いわゆるWeb制作のジャンル(ランディングページとかサイト制作)で稼げるようになれるんじゃね?という安易な考えでした・・・。

しかし、図書館で関連の本を借りてきて毎日のように写経(本に書いてある通りにコードを書いて動かしてみること)を続けるものの、全然進まず・・・。

それもそのはず、学習を始めても1時間くらいで猛烈な眠気が襲ってくるからです。

我慢して続けても全然進まないし、かといって一度眠ってしまうと起きられないし・・・で、マジで自分クソだな、と実感しました。

つまり、僕はただUber Eatsの配達員を辞めたいだけで、そこまでWebデザインとかフロントエンドの分野には興味がなかったわけです。

結局、自分のモチベーションを維持できず、Web制作学習には挫折してしまいました。

YouTuberを目指す

そこで、もう一度「自分が何をしたいか」ということを考えてみることにしました。

ちょうど少し前に「水溜りボンドのカンタと池田エライザが付き合っている」というネットニュースを知り、何となくYouTuberになりたいなぁ~、なんて思っていた時期です。

「やっぱ俺、有名になりたいし、金持ちになりたいし、モテてぇ!俺も池田エライザと付き合いてぇ!」

自分の中のリトルタカシがそう叫んでいました。

そこで、思い切ってYouTubeチャンネルを作成!

さあ、これからYouTuberを目指すぜ!とモチベーションは高かったはずですが、肝心な動画のネタが全く思いつきません・・・。

僕はビジネス系は向いてないと思っていたので、エンタメ系で攻めるつもりでした。

しかし、気付けば芸能人がどっと参入していて、素人がお笑い芸人に勝てるはずがないな・・・と急激にモチベーションが下がってしまいました。

正直、そこまで自分が考えた企画に自信がなかったし、顔出ししてプライベートを丸裸にするのも嫌だなー、と。

とりあえず最初の動画を撮ってみる、ということも考えてみましたが、見切り発車で始めても上手くいかないことはブログで痛いほど学んだので・・・。

まあ、結局その程度だったということです。

安易に飛びついて、すぐに(というか始める前に)逃げ出す。

典型的なダメ人間、さすがに自分がダサすぎて嫌になってきました・・・。

Uber Eatsの配達をサボりまくる

「やっぱ俺何をしようとしてもダメダメじゃん・・・」と、もうかなりメンタル的にやられてしまいました。

この時期には、一日中眠っていたり、YouTubeやTikTokをずっと見ていたりして時間だけが流れていきました。

ひどい日には、ベッドの上で体育座りをして部屋の虚空を眺めていたり・・・まさに廃人と化していました。

自分が何をしたいのかもよくわからないし、何のために頑張ろうとしているのかもよくわからない。

しかし、借金の返済や最低限の生活をするためにも、Uber Eatsの配達はしないといけません。

けど、この時の僕は思考能力が低下してしまっていて、「そもそもなんで借金の返済をしないといけないの?」「なんでしんどい思いしてUber Eatsの配達しなきゃいけないの?」と、現実から目を背け始めていました。

Uber Eatsの配達をサボりまくった結果、さらに金欠になり、食生活が不規則になり、不健康が加速し、どんどん悪循環になっていきました・・・。

スマホの通信回線が止められる

とにかくだるくて、ストレスなのか肌も痒くなってきたのに、金欠なので皮膚科には行けず・・・。

ポストの中にいろんな会社から催促の手紙が届いているのは気付いていましたが、面倒くさくて放置していました。

ある日、このまま家で寝ててもどうにもならないと思い、しんどいけど頑張ってUber Eatsの配達をしよう、と外に出ました。

しかし、Uber Eats配達パートナー用のアプリが動作しません。

ずっと家にいてWi-Fiしか使っていないので気付かなかったのですが、実は数日前からスマホの通信回線が止められていたようです・・・。

しかし、金欠(というか所持金ほぼゼロ)のため、通信料を払うことができません。

カードローンは全て限度額まで使用してしまっています(というか滞納中のため借りられない)。

なのでお金を稼がないといけないのですが、スマホの回線が止められてしまっているため、Uber Eatsの配達はできないし、日払いのバイトもできません(交通費すらないので)。

「あぁ、マジで詰んだな」と思いました。

しかし、ふとバンドルカードの存在を思い出しました!

バンドルカードはカードローンですが、仮想のクレジットカード(バーチャルカード)を限度額まで使用できる仕組みになっています(そのため現金のキャッシングはできない)。

「バンドルカード、おまえが最後の砦だ!これで無理だったら、嫌だけど親に泣きつくしかない・・・」

試してみたら、何とかバンドルカードでスマホの通信料を払うことに成功しました!

まさに、首の皮一枚でつながった、という感じです。

僕の2020年夏はこのようにして終わりました。

(「2020年9月にしていたこと」に続く・・・)