プロブロガーはあきらめた

長らく、ブログを書くという生活から離れていた。

題名の通り、プロブロガーになるのを諦めた。

僕のような凡人には、特にブログで発信して人々のためになることや、「おぉ!」と唸らせるような文章を書くことはできないということに気付いてしまったからだ。

なら、何になるのか?

人生は長い・・・。

このままUber Eatsの配達員を続けるのか?

それとも、再就職でもするのか?

・・・おっと、前置きのつもりがまただらだらと文章を続けてしまった。

ここから先は、近況も兼ねて、久しぶりにまたつらつらと雑記を書いていく。

何者でもない男の、読んだからといって特に何も得ることのない文章が続くだろう。

暇を持て余している人だけ、読むことを勧める。

スポンサーリンク

近況報告

まず、近況報告から。

以下の通り、カードローンの支払いに追われている(カッコ内は本来の支払い予定日)。

アイフルの11,000円(2月27日)、三井住友銀行カードローンの15,000円(3月2日)。

これに本日、エポスカードの70,836円(3月4日)が加わる。

ぷよぷよをやったことがある人ならわかってくれるだろうが、上からこれでもか、と追加のぷよぷよが降ってくるような、絶望的な状況だ。

アイフルの11,000円は数日以内に払える予定だが、三井住友銀行カードローンとエポスカードは今のところ払える目処が立っていない。

数日前に、何とか家賃の58,000円(2月28日)は振り込んだ。

住む家がなくなってしまってはどうしようもなくなってしまうから、家賃だけは最優先で払うことにしている。

債務整理についてもいろいろとググってみた。

調べたところ、債務整理をすると、最大で10年間はクレカの新規契約ができなくなる可能性もあるという。

法律事務所に行けばもっと詳しく教えてくれるとは思うけど、ポジショントークをされることはわかりきったことなので、できればもう少し自力で知識をつけておきたい。

つまり、債務整理をする法律事務所側からしたら、できることなら債務整理をして報酬を得たいだろうからだ。

「あなたの場合こういったデメリットがあるので、債務整理はすべきじゃありません」と言ってくれる聖人のような人は少ないだろう、と人間不信な僕は考える。

債務整理の相談も急務だが、それ以外にも税金の未納に関する相談、確定申告、皮膚科・精神科を受診すること、生活費やカードローンの支払いをするためのUber Eatsの配達、Uber Eatsの配達を辞めるためのWebデザイン学習、などやるべきことが山積みである。

「生活費やカードローンの支払いをするためにUber Eatsの配達をしなければならない」

「しかし肌荒れが悪化し、軽度のうつ症状が出ているので外に出る気力がない」

「まずは皮膚科・精神科を受診しよう」

「けどお金ない・・・」

という負のサイクル。

Uber Eatsの配達が体質的に合っていないのは明らかなので、クラウドソーシングでフリーランスを目指そうとWebデザイン学習を始めたが、今のところHTMLとCSSの基礎を学んだところで止まってしまっている。

こんな状況でも、僕に将来目指したい夢のようなものでもあれば、やる気が出て頑張れるのかもしれない。

けど、そんなものないし、今この瞬間にやりたいこともない。

YouTube見る気分でもないし、本を読む気分でもない。

漫画を読む気分でもないし、旅に出る気分でもない。

正直、三大欲求すら薄れてきている。

もしも仮に今、新垣結衣と1日過ごせる権利があったとしても、「めんどくさい」という理由で放棄するだろう。

とりあえず、借金は返さないとな、とは思う。

もしかしたら、「借金を自力で全額返済する」というしょうもない理由で何とか現世に繋がれているのかも、という気すらしてくる。

今、もしも消えることができるのなら、消えてしまってもいいような気がしてしまう。

しかし、痛かったり苦しかったりして死ぬのは嫌だ。

不幸自慢をしたいわけではない

ここ最近、ブログやTwitterを控えていたのは、このように、今の僕が発信することはネガティブなことだらけになってしまうことがわかっていたからだ。

この文章でどれだけ僕の現状が伝わるかはわからないけど、だからといって不幸自慢をしたいわけではない。

今の現状をブログに書いたからといって、誰かに励ましてほしいわけでもない。

この、今のドロドロとした感情や、救いようのない状況を言語化することに意味があると思ったからだ。

もちろん、僕にも自己顕示欲はあるし、「何とか生きているよ!」というのを世間に知ってもらいたくてブログを書いているというのもあるだろう。

しかし、このブログを読んだ人に「こんな奴でも何とか生きているなら、自分もやってみるか」みたいな気持ちになってもらいたいのも事実だ。

本来なら、順調に借金を返済して、キラキラした姿をブログで発信したかった。

けど、どん底の湿った場所から、苦し紛れに文章を書いておくのも悪くないと思った。

有益な情報でも、面白いコンテンツでもないけど、ライフログとして残しておくのも悪くない。

プロブロガーはあきらめた

そもそも、僕がこの『タカシブログ』を始めたのは、プロブロガーになろうと思ったのがきっかけだった。

文章を書くのはそこまで苦ではなかったし、「数ヶ月で何十万円稼ぎました!」みたいな情報を信じ、「俺もできるはずっ!」と始めたのがきっかけだ。

けど、やってみたら違った。

月に何十万も稼ぐには、アフィリエイトをする必要があり、必ずしも書きたいことを書けないことがわかってしまった。

ブロガーの方々の名誉のために書いておくと、別に全ての人が嘘の情報で商品紹介をしているわけではない。

僕が伝えたいのは、例えばYouTubeなら案件動画ばっかになってしまうということだ。

俳優なら、映画やドラマの番宣のためにバラエティー番組に出まくるみたいな。

別にやましいことではないけど、そればっかやってると本人は楽しくないよね、という話だ。

プロブロガーにはなりたかったけど、僕のブログを広告や商品の紹介ばかりで埋め尽くしたくはなかった。

Google AdSenseは、とりあえず設置しておけば勝手に広告を表示してくれるので楽だけど、僕レベルのPV数だと、月数千円しか稼げない。

例えば有名人だとか、有益な情報を発信できるならブログのPV数は伸ばせるだろうけど、何者でもない僕には時間がかかってしまう。

これではブログの収益だけで暮らしていくのは難しい。

そこで、とりあえずプロブロガーになることは諦め、書きたいことだけ書くことにした。

けど悲しいことに、僕には特にブログに書くことがなかった。

ブログに書いてまで世間に発信したいことがなかった、というほうが正確だろうか。

悪循環から抜け出すために

もしかしたら、春になって暖かくなってくれば少しずつ状況は好転してくるのかもしれない。

なぜか僕は、毎年冬の時期に、このように精神が不安定になる傾向がある。

けど、春になったらなったで、今度は花粉症と闘わなくてはならないだろう。

まあ、それはまだ先の話なので、今から心配することじゃない。

とりあえず、今できることをしなければならない。

精神論は好きじゃない(僕は「頑張れ」という言葉の残酷さを知っている)けど、とりあえずこれから1~2週間は思考停止してUber Eatsの配達をしよう。

で、カードローンの支払いをしつつ、自炊をして栄養のある食事を心掛けつつ、生活リズムを整え、病院へ行き薬を処方してもらう。

「生きがいは?」とか「やりたいことは?」とか「何のために生きている?」とかはとりあえず置いておいて、まずは目先のお金を稼いで、生活を安定させ、健康に少しでも近付こう。

正直、ここはしんどいと思うけど、とにかく今のこの状況から抜け出すためには気合でUber Eatsの配達をすることからスタートするしかない。

とりあえずこれが、僕の無い頭を振り絞って導き出した答えだ。

肉体的・精神的に極めて不安定な状態ではあるので、思考停止してUber Eatsの配達をしたら、一時的にさらに悪化してしまうだろう。

けど、働けばお金は入ってくるので、そのお金でカードローンの支払い・毎日の食事・薬代をまかなうのだ。

不健康な状態では、Webデザイン学習だとか、将来のことだとか、何も手につかないし、やる気も起きない。

他にも、派遣でプログラマーやろうかな、とか、Uber Eatsだとサボってしまうから何でもいいからバイトでもしようかな、とかいろいろと悩んではいる。

けど、こればかりはまず目先のことを死ぬ気で頑張るしかない。

つまり、思考停止してUber Eatsの配達をしてお金を稼ぐことだ。

大縄跳びや水風呂に入るようなもので、はじめに頑張れば何とかなることも多い。

よし、少しだけ元気が出てきた。

どうしようもなく散らかっていた思考が、少しは整理された感じ。

もしかしたら、これこそ僕がブログを書く意味なのかもしれない。