【Uber Eats4日目】赤チャリの1日パスを試してみた

Uber Eatsの配達バッグを背負い自転車に乗っている男性Uber Eats

さて、気付けばUber Eatsの配達をして4日目になっていました。

正直、仕事内容はシンプルなので、かなり慣れてきました。笑

今回も、1日の売り上げや気付いたことについて書いていきます。

1日目はこちら↓

スポンサーリンク

10時半からスタート

8月30日(金)、平日最終日で、天気は雨。

雨が降っていたためか、今回は10時半~15時の時間帯でクエストが追加されていました。

そのため、10時半から配達をスタート。

エリアは池袋に決めました。

3日目は池袋から始めて、神楽坂とか四谷の方まで流されまくってしまったので、「今回は遠いお店なら配達を拒否しよう」と鬼の心でオンラインにしました。

ちなみに1~3日目(8月26日~8月28日)まで連続して働いていたので、昨日(8月29日)は家でゆっくりしていました。

Uber Eatsの配達は、自分の裁量で自由に休めるところがかなり助かります。

赤チャリを試してみた

3日目までに、普段乗っているママチャリで配達をするのは無理ゲ―だということに嫌というほど気付かされたので、今回は赤チャリ(ドコモ・バイクシェア)の1日パスを試してみました。

Uber Eatsの配達パートナーは、月額4,320円(税込)で乗れる専用プランがあります。

しかし、僕は今まで電動自転車に乗ったことがなかったので、どんなものかまずは1日だけ試してみることに。

1日パスは1,620円(税込)とけっこう割高でしたが、結論からいうと赤チャリのすばらしさを知ることができたので良しとします。

正直、めっちゃ感動しました!

赤チャリで配達しようか悩んでいる人は、騙されたと思って1度、1日パスでもいいので乗ってみることをおすすめします。

とくに電動アシストが最強で、「強」に設定すると、坂道でも立ちこぎする必要なく、座ったままで余裕で走れます。

それと僕はiPhoneユーザーなので、Apple Payに追加してあるSuicaで鍵の開け閉めができるのが便利だと思いました。

14時半に帰宅

池袋では昔ホストをしていたため土地勘があり、マップをそこまで見なくても目的地付近まで行けたので楽でした。

しかし今回は、ずっと東口と西口を往復するような感じだったため、少しだけ時間をロスしてしまったような気がします。

クエストは8回達成でき1,440円をゲットできたものの、スマホの充電が10%を切ってしまったため、不完全燃焼で帰宅することにしました。

給料を貯めて、早急にモバイルバッテリーを買うべきだと思いました。

なんだかんだUber Eatsの配達って意外とそろえる必要があるものが多いですよね・・・。

ちなみに、もし15時までに12回達成していたら3,000円の報酬でした・・・残念っ!

赤チャリのおかげで、体力的にはまだまだ余裕がありました。

むしろ、普通の自転車で1件配達するよりも、赤チャリで8件配達した今回のほうが疲れてませんでした。

改めて、赤チャリおすすめです!笑

4日目の合計売り上げ

配達は8件で、売り上げは3,565円でした!

4日目の売り上げのスクショ

さらにこれに、クエストの1,440円が加算され、5,005円になります。

しかし、今回は1,620円で赤チャリの1日パスを購入したので、実際の儲けは3,385円になります。

まとめ

今回は気付いたことがあまりなかったので、このまままとめに入ります。

とにかく、赤チャリがあまりにも快走だったので、感動して余裕ぶっこきながら配達していました。笑

4日目の配達は8件、売り上げはクエストを含め5,005円(赤チャリ1日パスの費用を考慮すると3,385円)という結果になりました。

稼働時間は10時半~14時半の4時間と、スマホの充電が少なくなってしまったために不完全燃焼で終わってしまいました。

赤チャリ1日パスを考慮すると、時給換算では約846円と下がってしまいました・・・。

月額4,320円のプランだと、1日あたりの費用を約140円におさえることができるので、なるべく早く登録しようと思います。

ちなみに、現在トータルの配達件数は28件、売り上げは15,955円です。

今週はもっと稼ぎたいので、土日で巻き返したいと思います。

5日目はこちら↓

コメント

  1. 匿名 より:

    がんばれー