本の内容を忘れやすい人には『東大読書』がおすすめ

図書館で借りてきた『東大読書』書評

どーも、タカシです。

僕は幼い頃から本を読むのが好きで、今までに数えきれないほどの本を読んできました。

学生時代には小説を読むことが多かったのですが、社会人になってからはビジネス書や自己啓発書を読むことが増えてきました。

しかし、読み終わってから数日経つと、なかなか本の内容を思い出すことができなくなっていることに気付いたのです。

ということは、今まで本を読んできた時間は無駄だったのか・・・そう思うとすごくテンションが下がりました。

実は今までにも、紙にまとめたり、ブログにアウトプットするなど、自分なりにいろいろ試してきましたが、なかなか効果を実感できませんでした。

そんなときに、ふと読んだNewsPicksの記事で紹介されていたのが、『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』でした。

実際に図書館で借りてみて読んだところ、納得のいく内容だったため、今回こうして紹介することにしました。

スポンサーリンク

『東大読書』とはどんな本か?

本書を一言で説明するならば、

能動的な読書をすることで、東大生が持っている「本を読みこむ力」と「地頭力」を同時に鍛える読書術を紹介する本

です。

その東大生が持っている「読み込む力」と「地頭力」をつけるために必要なのが、「読解力」「論理的思考力」「要約力」「客観的思考力」「応用力」の5つの力だと著者は説きます。

本書では、それら5つの力をSTEPごとに身につけられるようになっています。

参考までに、以下のように図にまとめてみました。

例えばSTEP1では、「装丁読み」という読書術が紹介されています。

「装丁読み」とは?

「読解力」を高めるためには、本を読む前に準備をしてヒントを得ることがポイントなんだそうです。

「装丁読み」は、具体的に以下のような手順で進めます。

  1. タイトルから考えられる情報を引き出し、1枚ずつ付箋に書く
  2. 帯の両面から得られる情報を付箋に書く
  3. 著者のプロフィールや別の著作をチェックし、読む本に関係しそうな情報を付箋に書く
  4. 1~3で集めた付箋(合計10枚以上は書く)を見返しに貼っておき頻繁に見直す

10枚以上の付箋に書いたり、読む前に著者のプロフィールなどもチェックするなど、一見すると面倒だと感じてしまうかもしれません。

しかし逆にいうと、本当に読解力を高めたいのなら、ここまで準備をして本を読まなければいけないということです。

手間はかかるけどやってみる価値はある!

本書には他にも「○○読み」という名称の読書術がたくさん出てきます。

全部紹介したいところですが、ネタバレになってしまい、著作権侵害にもなってしまう可能性があるので、ここでは控えます。

特にSTEP2からは、「取材読み」の中に「質問読み」と「追求読み」があるという入れ子構造になっているため、混乱する人は多そうです(僕も混乱しました)。

しかし僕のように自分なりにまとめながら読んでいけば、理解できます。

そして、ノートや付箋を使ってアウトプットするため、今まで以上に読むのに時間がかかり、面倒に感じてしまうかもしれません。

それでも僕は、本書の通りSTEP5の「議論読み」まで到達できれば、今までよりは各段に本の内容を記憶しておけるようになると確信しました。

僕のように本の内容を忘れやすく困っている人は、ぜひ1度手に取ってみてください。

コメント