借金返済中に食費を節約する方法

手のひらに乗せたコインの画像借金

まず今回初めて俺の記事を読んでくれた人に軽く自己紹介をしておこう。

俺(タカシ)は、ホスト時代の自腹営業と仮想通貨での投機失敗により作ってしまった300万円以上の借金を返済中のコンビニアルバイト兼ブロガーだ。

現在、エポスカード、三井住友カードローン、アイフルの3社から借りていて、金利だけを毎月何万も払う借金地獄を味わっている。

そのため、いろいろ試行錯誤した結果、1日だいたい200円くらいの食費で暮らせるようになってきた。

今回は、そんな300万円以上の借金返済生活をしている俺がやっている、無理なく続けられる食費の節約方法を書いていく。

スポンサーリンク

1日に使える金額を決めておく

まず大前提として、自分が1ヵ月に食費にまわせる金額を把握しておく。

その金額を1ヶ月の日数で割って、1日あたりに使える金額を算出する。

俺は初め、なんとしても1日に使える金額を死守するようにしようとした。

しかし、たまにスーパーでセールをやっているときなどは、まとめ買いをした方が得になることがあるため、1日に使える金額をオーバーしてもいいようにした。

まとめ買いをした後、また改めて1日に使える金額を算出し直せばいい。

気を付けなければいけないのは、まとめ買いをするときについつい買いすぎてしまうことだ。

特に節約中は油分や糖分の誘惑と戦わなくてはならない。

必要最低限のものだけ買うようにしよう。

コンビニではなくスーパーを利用する

コンビニでバイトしている俺が書くのも変だが、基本的にコンビニで売っている商品は高い。

例えばコンビニで売っている150円のペットボトル飲料が、スーパーでは90円くらいで売られている。

コンビニは近くにあったり、24時間営業していたりと名前の通り便利だが、少し遠かったとしてもスーパーを利用するようにしよう。

しかし例外があって、100円ローソンは商品によってはスーパー並みかそれ以上に安い。

例えば俺は、調味料や、ごみ袋や洗剤などの雑貨は100円ローソンで買うことが多い。

水分補給は2リットルの水を買って我慢

パック飲料などの甘いジュースはおいしいから、すぐに飲み干してしまう。

しかし水であれば無味なので、そこまでがぶ飲みすることもないだろう。

初めはジュースや炭酸を脳が欲してしまうため水だけだと飽きてしまうが、少しずつ慣れてくる。

俺の場合、だいたい3~4日で2リットルの水を消費するペースで飲んでいる。

2リットルの水は、スーパーに行けば70円くらいで売っている。

もっとガチンコで節約をしたい人は水道水を沸騰させて冷まして飲めばいいが、あまりおいしくないのでおすすめしない。

惣菜は買わず、なるべく自炊する

俺もたまには、90円くらいのコロッケを買うことはある。

スーパーの惣菜や確かに安く感じるが、それでも自炊に軍配が上がる。

スーパーの惣菜には、店員の人件費などが加算されているためだ。

確かに俺は飲食店で働いていた期間が長かったため、苦もなく自炊できるということもある。

自炊に自信がない人でも、最悪、焼き肉のたれで炒めればそれなりにおいしく仕上がる。笑

米は買っておく

白米はスーパーだと5キロで1500円くらいだろう。

節約生活をしていく人にとっては大きな出費となってしまうが、1日に換算すると50円くらいだ。

なぜ米を買う必要があるのか?

それは、なるべく米でおなかを膨らませるためだ。

空腹感があるままだと、ついついお菓子を食べたくなってしまう。

自炊するときにも、少し濃いめの味付けにして、その分、ご飯をたくさん食べるようにするといい。

ちなみに俺はコロッケ1個でご飯2合くらい食べる。笑

鶏のムネ肉を小分けにして冷凍しておく

男性の場合は特に、肉をどうしても食べたくなる。

スーパーで売っている肉の中で一番安い部位は、鶏のムネ肉だ。

味は淡泊だが、下味をつけて、火を通しすぎなければパサパサせずおいしく食べられる。

だいたい100グラムあたり60~70円くらいで売られている。

これを一口サイズに切り分け、5~6個を1セットにサランラップで小分けにして、冷凍をする。

これを俺は前もって解凍しておき、野菜といっしょに炒めて食べている。

野菜は摂るようにする

どんなに節約生活を頑張ろうとしても、健康でなくなってしまうのは避けたい。

風邪や体調を悪くしてしまうと、結果的に薬代で高い出費に泣くことになる。

のどの粘膜や肌の調子を整えたり、元気でいるためにも、野菜は毎日摂るようにしたい。

俺はスーパーで人参、ピーマン、玉ねぎ、キャベツ、もやしなどを買ってきて、3日くらいで使う分だけ切っておいている。

特にもやしは1袋20~30円くらいだし、キャベツも1/4カットで40円くらいで売られている。

自分にうまくアメをあげること

俺の場合だけかもしれないが、やはりお菓子(糖分)は欲しくなる。

現在、なるべくリンゴなどのフルーツで我慢するように挑戦しているところだが、やはりチョコチップクッキーやアップルパイを食べてしまう。

しかし、お菓子を我慢しすぎてストレスが増えてしまっては節約生活を続けることはできないだろう。

だから俺は、1日に使える金額におさまる範囲でなら、お菓子を自由に買うことを自分に許している。

俺はミスターイトウのチョコチップクッキーが最高に好きなのだが、近くの安いスーパーでも170円の値段で売られている(Amazonだと182円)。

170円というのは、俺にとってほぼ1日に使える分の金額だ。

しかし俺は、このミスターイトウのチョコチップクッキーを2日に1回でも食べるためにも、なるべく1日に使う金額をおさえることに成功している。

こうして自分に対して報酬を与えることで、無理なく節約生活を続けることができる。

コメント