ブログにおいて記事数と高品質のコンテンツどちらが重要なのか?

「KAIZEN」のブロックブログ運営

いろいろな先輩ブロガーさんが書いているが、ある人は「とにかく毎日更新することっ!」と書いていて、ある人は「クソみたいな記事を量産しても意味がない。それよりも質重視」と書いている。

結局、どっちが大切なの!?っていう・・・。

まだまだ初心者レベルを脱しきれていない俺だが、最近はいろいろと試行錯誤を始めていて、少しだけブログに関する暗黙知を理解始めた(ような気がする)。

そこで、現時点での俺の意見を書いてみたいと思う。

スポンサーリンク

質より量か?量より質か?

ただ単に日記のような記事を書いているだけでは、それを書いている人が有名人の場合か、
コンテンツとしてものすごく面白い場合(例えば小説のように読ませるレベルのブログ)を除いて、アクセスを集めることは難しい。

しかし、記事数が増えることで、打席に立つ回数を増やすことになり、例え打率は低くても、まぐれでヒットくらいは打てることもある、というメリットがある。

ただこれは運頼みになってしまうため、効率を重視するのならやはり質を重視した記事を書いていくのがいい。

では、記事数を重視すべき、という先輩ブロガーの意見の本質とは何か?

それは、記事を毎日(あるいは週に何日か)更新し続けていくと、次第にアウトプット能力が高まり、長期的には質の高い記事を書くことができる、ということだ。

質を重視するあまり、いつまでもブログを更新できなかったり、そもそもモチベーションが下がってしまうのなら、自分で駄文だとわかったうえでも記事を書き続けるべきなのだ。

ただ書き続ければいいワケじゃない

ブログを始めたばかりの段階では、そもそも書きたいことが定まっていなかったりするので、とにかく好きなことを書いていってもいいと思う。

重要なのは、同時進行でいろいろと試行錯誤してみること。

Google Analyticsや、キーワードプランナーの使い方は、本気で調べれば理解することはできる。

俺みたいに「そのうち分かるようになるだろ」と甘くみていると、いつまでも分からないまま、挙句の果てに迷走してしまうので注意してほしい。笑

そして読者の反応や、他のブログや本を読んで学んだことを、ブログにどんどん活かしていく。

こうすることで、量を維持したまま、質を高めていくことができる。

質を重視する誤った考えは、初めから質を重視してしまうということだ。

初心者がいきなりプロのようなパフォーマンスなんてできるはずがない。

だから、初めは本当に日記でもなんでも、続けることが大切だ。

そのうえで、昨日よりもいい記事を書くことを意識していけば、必然的にスキルは向上する。

昔に書いた記事がクソに思えたって気にせず、リライトしたり、削除すればいいだけの話だ。

記事もただ書き続ければいいワケではない。

毎日しているからといって、あなたの歯磨きやシャンプーのスキルはプロ並みだろうか?

きっと、歯科医の先生や、美容院のスタッフの方が上手いと感じているだろう。

それが、意図的な練習を繰り返してきた人と毎日同じことを繰り返してきた人との差だ。

記事の更新は続けつつも、少しばかりの努力は必要だということ。

まとめ

つまり、ブログにおいては量(記事数)も質(記事のクオリティー)も、両方大切だ。

ただ、順序があって、量の次に、質だ。

そして、量をこなしつつ、意図的な努力・工夫をして継続することで、次第に質が上がってくる。

ただ単に日記のような記事を書き続けていても、いつまでも同じクオリティーのままか、成長するまで時間がかかる。

いきなり質の高い記事を書こうとしても素人じゃ無理なので、記事のリライトをしつつ、徐々に質を上げていく。

モチベーションが下がってブログ自体を辞めてしまうくらいなら、駄文でも書き続けたほうがマシだ。

例えばこれは普通の仕事にも当てはまる。

新人のうちは、まず作業時間を投入して、インプットとアウトプットの回転数を上げること。

そして経験値を上げていってから、生産性も重視して、短い時間で質の高い仕事ができるよう意識していけばいい。

・・・とまあずいぶん偉そうなことを書いてしまったが、俺もまだまだ初心者レベルを脱しきれていない。

結果で証明できるように頑張ろう。

コメント