今の俺はブログに全力を尽くすべきだということ

ブログを書いている画像雑記

11月末から1週間、ナンパブログを読むことに全力を尽くしてきた。

≫インプット過多です(ナンパブログ、読書、ニュース、etc.)

そして12月7日から今日まで、読書をすることに全力を尽くしてきた。

その間は、1日のルーティーンにしているタスク(ニュース、英語、ブログなど)はほぼやらなかった。

いや、読書をしたあとには確かにブログに読書記録として記事を書いたので、ブログのタスクはこなしたことになっているのかもしれない。

ちなみに今はジョン・ソンメズの『SOFT SKILLS』を読んでいる。

昨日と今日がコンビニバイトが休みだったので、2日間ずっと読んでいた。

しかし、いくら気合を入れて読み始めたとしても途中で疲れて眠ってしまい、2日時間をかけても、読み終えることができていない。

「何としても図書館の返却期限までに読み終えなければ」という焦りと、「他にやるべきことがあるんじゃないか?」という葛藤があり、文章が頭に入ってこなかったというのもある。

でもなぜ、俺はナンパブログや本を頑張って読んでいたのだろうか?

ナンパブログを読んでいたのは、ナンパを再開するために凄腕ナンパ師のマインドを学ぼうと思ったことと、自分がナンパブログを書くために参考になると思ったからだ。

読書をしていたのは、人生にとって継続的なインプットをすることは大切だと感じていたのもあるし、実際にこのブログにアウトプットすれば知識の定着にもなるし、ブログの記事も書けるし一石二鳥だと思ったからだ。

しかし、よくよく考えてみると、これは「目の前の現実から逃げている」、あるいは「先延ばししている」のではないかと気付いた。

借金335万もある俺が、休日2日間も使って読書をしている場合ではないのだ。

生産性がなさすぎる。

このままじゃ、一生このままだ。

まずは、借金を返すことを最優先にしないと、生活はずっと苦しいままだし、投資をすることもできない。

確かに、ナンパや読書に関する記事を書くためにインプットすることは悪いことではない。

しかし今の俺にとっては、それは遠回りすぎる。

インプットに時間を使いすぎて、ブログとしてアウトプットする時間と頻度が少なすぎる。

これでは成長できない。

つまり今の俺にとってそれは、いつまでもブログのアクセスを集められない→ブログで食っていくことができない→コンビニバイトを辞めることができない、ということだ。

もちろん借金もいつまでたっても減らないだろう。

だから思い切って、本日から読書はほどほどにして、ブログに全力を尽くすことを宣言する。

読書をするとしても、ブログに関する本だけにしよう。

本当は、来年からブログに専念するつもりで、それまでは図書館で予約して読む予定の、「読みたい本リスト」を消化させていくのを頑張ろうと思っていた(50冊以上ある)。

しかし読書なんて、ブログで食っていくことができれば、今までコンビニバイトをしていた時間で好きなだけできるだろう。

そのために、読書の時間を犠牲にして、その分の時間をブログを書く時間、SEOやライティングなどの知識を学ぶ時間にあてようと思う。

以上、完全に自己満な、単なる宣言でした。笑

コメント