ブログネタに踊らされている気がしてきた

雑記

24時間テレビも終わり、俺の中では夏も終わった気でいる。

年々、24時間テレビとか27時間テレビとか、もはやテレビ自体をよく観なくなってきている。

昔は深夜放送とか大好きだったのになー。

スポンサーリンク

麻布十番納涼祭り(in 2018)

さて、本日は元々、「1人で麻布十番納涼祭りに行ってきた」という記事を書くつもりでいた。

実際に、麻布十番にも行ってきた。

本当はあまり行きたくはなかった。

なぜかというと、1人で由比ヶ浜に行って来た時に、ものすごい日焼けをしてしまい、ヒリヒリと痛いからだ。

ちなみにこんな感じになっている(笑)。

案の定、行ってみたら渋谷のハロウィンのような混み具合で、なるべく日焼けした肌に当たらないよう、人を避けながら歩くのが大変だった。

結局、特に屋台で何も買わず、1時間程度で帰ってきた・・・。

家に帰ってきて、「俺は何をしているんだろう?」と思わず思ってしまった。

確かに2018年の夏はもう一生やってこない。だから、最大限いろんな経験をして楽しもう、と思っていた。

そして、このブログのネタにもなると思い、正直あまり行きたくない麻布十番の祭りに行ってみた。

しかし、よく考えてみると俺は「機会損失」という言葉に踊らされているだけのような気もしてきた。

ブログの記事だって、家にいても書評とかネタならいくらでもあるだろう。

これと似たようなことが前にもあった。

職場でのキャラクターに自分を合わせていた

不動産営業の仕事をしていた時、職場では俺は「ナンパがとにかく好きな人」と認知されていた。

正確にいうと、俺は毎日ストリートに出るとか、クラブに行ったりするほどナンパが好きというわけではない。

それでも、職場でそういうキャラクターだと思われてしまい、なんだか変なプレッシャーがかかってしまい、仕事終わりや休みの日に乗り気ではないのにナンパしていた。

無言の強制、というか何というか・・・。

つまり、何事も主体的にやらないとつまらない、ということだ。

だから俺も、自分が発信したいことを記事にしていこうと思う。

とりあえず人気のイベント行ってみて、それに対しての記事を書いていくのも否定はしないけれど、それだと雇われのライターとそんなに変わらないような気がしてきた。

コメント